直木賞 芥川賞 2024


芥川賞に九段理江さんの『東京都同情塔』、直木賞に河﨑秋子さんの『ともぐい』と、万城目学さんの『八月の御所グラウンド』を選ばれました。

芥川賞の「東京都同情塔」は、建築家の中年女性が現実と自身の信条とのギャップに葛藤しながら、新しい刑務所「シンパシータワートーキョー」の建設を進める、というお話。

刑務所の建設というところがかなり面白そう☆

読んでみたい。

「ともぐい」は明治末期の北海道が舞台で、猟師の過酷な生きざまが描かれた物語。

「八月の御所グラウンド」は真夏に草野球に駆り出される大学生と、真冬に駅伝を走る女子高生をそれぞれ主人公とした2つの物語。京都が舞台。

「ともぐい」は寒さがリアルに感じられる今の季節に読むべしっていう気もする。。。どうしようかな。

Amazon:東京都同情塔 九段理江
Amazon:ともぐい 河﨑秋子
Amazon:八月の御所グラウンド 万城目学

コメント

タイトルとURLをコピーしました